8月23日(水)第2回京アカゼミ「精神分析から見る現代の知のあり方」

今春からスタートした新企画、京アカゼミの第2回の詳細が決まりました。

 

日時:2017年8月23日(水)15時〜17時

場所:左京西部いきいき市民活動センター第4会議室

テーマ:精神分析から見る現代の知のあり方

報告担当者:浅野

概要:
人工知能、専門家不信と反知性主義といった事柄が話題になる今日において、知のあり方を探ります。まず、ソクラテスに代表される精神分析以前の知と対比しながら、精神分析的な知にどのような特徴があるのかを考察します。次に、精神分析は科学か否かという問題から、科学的な知のあり方を考えます。その流れでプラグマティズム的な知の捉え方を紹介します。これらを踏まえて、京都アカデメイアの活動を基礎づけるとともに、京都アカデメイアで取り上げてきた大学、教養、人工知能などについてもコメントします。

参考文献(必要な内容は当日にお伝えするので事前に読んでおかなくても大丈夫です):
・プラトン『プロタゴラス』『メノン』
・フロイト『精神分析入門』『ヒステリー研究』
・ポパー『開かれた社会とその敵』
・クーン『科学革命の構造』
・ソーカル『「知」の欺瞞』
・リオタール『ポスト・モダンの条件―知・社会・言語ゲーム』
・ローティ『リベラル・ユートピアという希望』

 

本企画に関するお問い合わせ等については、お問い合わせフォームまたはkyotoacademeia□gmail.com(□に@を入れてください) までお尋ねください。

それではよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です