世界に触れる社会学

「社会」は、私たちにとっておよそ最も馴染みのある言葉のひとつでしょう。
「社会学」は文字通り「社会」について考える学問ですが、大きな特徴は、”社会を当たり前のものとして考えない”ことです。つまり、社会学は「社会」という常識を「問い」へとさし戻すわけです。
すると、「社会」ということの不思議や多様な可能性が見えてきます。

<こんな方におすすめです>
・社会学に興味がある、どうやって学んだらいいのか悩んでいる
・社会の出来事について深く考えたい
・社会について自分なりの考え方を身につけたい


テキスト:応相談
担当講師: 大窪善人