京都アカデメイア

ホーム>>過去の活動>>批評鍋

第5回 安達千季,新井翔太,大久保杏奈,竹内彩帆,萩原広道,柳田真弘 編 『ゆとり京大生の大学論』

批評鍋に戻る

 修正 削除


<批評鍋 第5回>
日時:8月16日(金)15:00~
場所:京アカ・ハウス

まとめ記事


第5回目の批評鍋では『ゆとり京大生の大学論』を取り上げました。
この本は、昨年から京大で起こった「大学改革」の流れをうけて、現役京大生(ゆとり京大生)6人が自主的に企画して出来上がった本です。

拙速に進もうとしている「大学改革」(教養制度改革)に対して、一度立ち止まってそもそも大学とは何か、教養とは何か、を学生の立場から考えなおしてみよう、というのがこの本の趣旨になっています。

当日は、この本の編集・企画者のひとりである安達千李くんがゲストで参加してくれました。このような本を作ろうと思った経緯から、作る過程での苦労話、作り終えたあとでいろいろ考えたこと、本に盛り込めなかった裏話など、いろいろと興味深い話を聞かせてくれました。