第6回京都アカデメイア読書会のお知らせ

百木です。
久しぶりに京都アカデメイア読書会を開催します。
今回の課題本は『失敗の本質――日本軍の組織論的研究』です。

ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ沖海戦、沖縄戦などにおける日本軍の失敗事例の研究を通じて、日本の組織が抱える構造的問題点をあぶりだした組織論の名著とされています。この本をつうじて、日本の組織や社会がいまだに抱えている問題点や、日本文化の特質などを議論できればと考えています。
現在では経営論などの分野でも広く読まれ、参考にされているようです。戦史研究というジャンルにとどまらず、現在の日本が抱える社会問題などとも絡めて幅広く議論できればと思っています。ネット上にまとめサイトなども多数あるようですし、お時間ない方は2・3章だけ読んできていただくのでも大丈夫です。
ご関心ある方はどなたでもお気軽に参加ください。

第6回京都アカデメイア読書会
課題本:『失敗の本質――日本軍の組織論的研究』
日時:4月24日(日)14~17時
場所:GACCOH(京阪出町柳駅から徒歩5分)
※参加費は無料ですが、会場代を数百円程度カンパしていただく予定です。

当日の飛び込み参加も可能ですが、事前におおよその人数を把握するため、参加希望の方はkyotoacademeia@gmail.comあるいは百木までご連絡をいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

51XTWKMDGFL._SX325_BO1,204,203,200_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です