お知らせ」カテゴリーアーカイブ

京アカオンライン輪読会 世阿弥『風姿花伝』

京都アカデメイアオンライン輪読会では、2月3日(金)20:00より、週1回のペースで世阿弥『風姿花伝』を読みます!
予習不要、どなたでも参加できます。ときどきの参加、一回だけのお試し参加も歓迎です。お問合せは kyotoacademeia@gmail.com まで。
なお、現代語訳の付いた本を各自でご用意ください。入手しやすいものを4つほど挙げておきますが、これら以外の本でも結構です。
多数のご参加をお待ちしています!

①角川ソフィア文庫

②講談社文庫

③講談社学術文庫

④ちくま学芸文庫

 

分析哲学読書会1月27日(金)13:00-16:00

言語哲学大全読書会は1巻を読了しました。次回1月27日(金)13時~16時に、趣向を大きく変え、クワインの『論理的観点から』所収「なにがあるのかについて」をとりあげます。会の名を分析哲学読書会と改めます。田島正樹先生と共に、分析哲学の骨組みを学びつくしましょう。引続き録画もご用意します。お問合せは kyotoacademeia@gmail.com まで。

 

京アカオンライン自習室(試験運用)

正会員の藤原大樹です。

京アカの新しい企画イベントを練っています。突然ですが、以下の「京アカオンライン自習室」という企画を試験運用しようかと画策中です。皆様の御意見をお待ちしております。お問合せは kyotoacademeia@gmail.com まで。

京アカオンライン自習室

私は趣味で英語を勉強しています。塾に通っているわけではなく、完全に独学でやってます。英語学習で大切なことは、とにもかくにも勉強を継続することです。独学のいいところは自分の気分が向いたときに、自分のレベル、スピードで学習できることです。独学の悪い所は、一度熱が冷めてしまうと、何もしない期間がどんどん長引いていく点です。このため継続ができなくなってしまう事が過去に多々ありました。独学だけど適度な緊張感を持って英語学習を継続する方法は何かないかと考えました。

一つの改善策は喫茶店でした。喫茶店では誰かに見られているかもしれないという気持ちが働くので集中力が少し向上しました。自宅だと自分以外だれもいないので、すぐダラケテしまいます。ただ喫茶店の欠点は、意外とお金がかかることです。スターバックス、コメダコーヒーの居心地は良いのですが、その分高いです。マクドナルドは安いけど、いつも混雑していて、勉強に集中しずらいです。自宅でもカフェと似たような環境をつくれないかと考えた結果、オンラインで誰かに見られているかも知れない環境を作れば良いと思いました。あまり良くない例えですが、フーコーのパノプティコンみたいなものです。対外的には、各自の好きなタイミングにオンラインでみんなで一緒に勉強するイベントです。

オンライン自習室の開催方法を具体化します。通常のオンライン勉強会では、指定テキストをみんなで一緒に読みます。けれど、京アカオンライン自習室では、勉強する内容は各自で準備します。各自がそれぞれのテキスト、レベル、スピードで勉強します。開催日時は事前に決めません。私が英語を勉強したいと感じた瞬間から、参加者をTwitterで募ります。つまり、ゲリラ開催です。開催日時を事前に決めない理由は、毎週△曜日△時と決めると、私の心理的負担が増大してしまうからです。場所はオンライン自習室のStudyverseを利用します。参加URLは毎回京アカのTwitterで通知します。参加費は完全無料です。参加資格は誰でもOKです。京アカ会員である必要はありません。顔出しNGの方は音声のみ、チャットのみの参加でかまいません。誰でも無料で参加できるイベントですが、注意してもらいたいことがあります。それは、オンライン自習室は原理的に世界中の人々から監視されているということです。参加者は各自、己の言動に細心の注意を払う必要があります。特にチャットへの書込みは慎重に行って下さい。チャットは文字として記録が残ります。つまり、後から見知らぬ誰かに閲覧される可能性が十分にあります。

本企画にはリスクがあります。誰もイベントに来ない可能性が高いです。別にそれでも構わないと私は思います。一人で勉強してても、誰か来るかもしれないという適度な緊張感を持てるからです。もう一つのリスクは、私のモチベーションです。私の勉強意欲が枯れてしまい、企画が中途半端に終わってしまう可能性も高いです。それでも本企画を試してみたいです。理想は、オンラインで緩い人間関係を構築し、ともに切磋琢磨しながら勉強していけたらいいなと思っています。

チラシのPDFファイル

 

和辻哲郎 『風土―人間学的考察』 オンライン輪読会

京アカオンライン輪読会では、次に和辻哲郎『風土―人間学的考察』(岩波文庫)の輪読会を、8月17日(水)20:00より始めます。前提知識一切不要、予習なしでその場で輪読し、議論します。試しに一回だけの参加、ときどきの参加もばっちりOK。どなたでも参加できます。参加ご希望の方は、各自で本をご用意下さい。お問合わせはkyotoacademeia@gmail.comまで。多数のご参加をお待ちしています!

https://www.iwanami.co.jp/book/b270343.html

 

歎異抄輪読会 本日読了しました

歎異抄オンライン輪読会は本日(8月3日)で終了しました。活発な議論もあり、新しい角度から歎異抄を読み直すことができました。ご参加下さった皆さま、どうもありがとうございました。

京アカオンライン輪読会では、次に和辻哲郎『風土』(岩波文庫)を読む予定です。詳細は改めてご連絡いたします。

 

『言語哲学大全』読書会8月26日(金)13:00-16:00

8月26日(金)の『言語哲学大全』読書会の告知です。

次回『言語哲学大全』読書会は8月26日(金)13:00-16:00です。フレーゲの意味論の矛盾をいち早く指摘した、ラッセルを扱います。章は比較的内容が独立しているため、途中からの参加も歓迎します。夏休み中の方もぜひ。田島正樹先生と共に、独学では味わえない読書会の醍醐味を堪能しましょう。お申込みは京アカ kyotoacademeia@gmail.com まで。

以上どうぞよろしくお願いします。

 

京アカオンライン輪読会 次の本は親鸞・唯円『歎異抄』

舟木です。水曜夜の京アカオンライン輪読会ですが、次に読む本はみなさんに投票していただいた結果、1位の親鸞・唯円『歎異抄』と決まりました(6票)。2位は和辻『風土』と世阿弥『風姿花伝』(5票)、3位が九鬼周造『いきの構造』(4票)でした。

そんなわけで、7月6日(水)20:00より、『歎異抄』輪読会を開始します。訳本はそれこそ無数にあります。どれでも結構ですのでご用意ください。ネットでも現代語訳がけっこうあるようです。私の手元にあるのは梅原猛訳(講談社)と石田瑞麿訳(中央公論社『日本の名著』)、その他いくつかです。前提知識は一切不要、ときどきの参加・飛び入り参加も歓迎、どなたでも予習なしでご参加いただけます。浄土真宗の祖の言葉に耳を傾けて暑い夏を乗り切りましょう。 なお、『歎異抄』が終わったのちは、次点の和辻 or 世阿弥を最有力候補として予定しておきます。お問い合わせは京都アカデメイアkyotoacademeia@gmail.comまで。

 

『言語哲学大全』読書会7月22日(金)13:00-16:00

7月22日(金)の『言語哲学大全』読書会の告知です。

次回の『言語哲学大全』読書会は7月22日(金)13:00-16:00です。2章3節の途中まで読みました。次回は2章全体を仮目標とします。なぜ哲学は言語による自己言及を必要とするのか。また、人間は自然と接続しているのか。田島正樹先生と議論が伯仲しました。全くの初学者でもどうぞご参集ください。お申込みは京アカ kyotoacademeia@gmail.com まで。

以上どうぞよろしくお願いします。