舟木徹男さんが暁烏敏賞を受賞

舟木徹男正会員が、石川県白山市が主催する 第30回暁烏敏(あけがらすはや)賞(第1部門 哲学・思想)を受賞されました。受賞論文のタイトルは『親鸞思想における「生きる意味」―神谷美恵子とフランクルを媒介に―』です。

舟木さん暁烏敏賞
舟木徹男さん

暁烏敏賞は、白山市出身の真宗大谷派の僧侶である暁烏敏の優れた功績を讃え末永く顕彰するとともに、伝統文化の継承発展と21世紀を担う青少年の健全育成を図り、有為な人材の輩出を願って設けられた賞です。

受賞論文はウェブページにて公開されています。

入選論文

白山市 第30回 暁烏敏賞入選論文

1 thought on “舟木徹男さんが暁烏敏賞を受賞

  1. ピンバック: 京アカ会員出演イベントのお知らせ | 京都アカデメイア blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です