月別アーカイブ: 2016年8月

第9回京都アカデメイア読書会のお知らせ

百木です。
次回京都アカデメイア読書会のお知らせです。

今回の課題テキストは加藤典洋『敗戦後論』(ちくま学芸文庫)です。ここに収められている「敗戦後論」というエッセイを読み、日本の「敗戦後」体制について皆で議論できればと思います。
近年、日米安保法制問題や沖縄米軍基地問題、改憲論議など、日本の(敗)戦後体制のあり方が改めて議論の俎上にのぼっています。これらはいずれも深刻かつ喫緊の課題ですが、そういうときだからこそ、改めて日本の「敗戦後」についてじっくり議論する機会を設けたいと考えました。

白井聡『永続敗戦論』矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』、加藤典洋『アメリカの影』『戦後入門』などの著作ともあわせて議論できればと思っています。
最低限、「敗戦後論」のテキストだけ読んできてもらえれば、どなたでも参加可能ですので、ご都合とご関心の合う方はお気軽にご参加ください。

<第9回京都アカデメイア読書会>
日時:8月21日(日)14時〜17時
場所:GACCOH (京阪出町柳駅から徒歩5分)
課題テキスト:加藤典洋『敗戦後論』(ちくま学芸文庫)「敗戦後論」(9~103頁) 

※別版のものでもOKです。
※参加費は無料ですが、場所代を数百円程度カンパしていただきます。
※当日参加も歓迎ですが、事前に参加人数を把握するため、参加希望の方はkyotoacademeia@gmail.comまたは百木までご連絡いただければ幸いです。

敗戦後論

【リマインダ:京都アカデメイア聖書読書会(第Ⅳ期)】

※今日は暑いので七五調で案内してみます
二日酔いには迎え酒 暑き夏には黙示録 
毒もて毒を制すなる 京アカ聖書読書会 
浮世離れの極みには 右も左もノンポリも 
みな神のもと平等と 懐深く受け止めむ 
されど集える人々は いかなる人や知りたしと 
怪しむ向きもあるならば 包み隠さず答へなむ
あるは院生学部生 あるは市井の一庶民 
はたまた病後のリハビリの 憩ひの場所とするもあり 
僧も牧師も不信者も 教養愛する者はみな 
老若男女入り乱れ  京アカ聖書読書会
されどもここに至るまで 次回の場所と日時をば 
未だ記さぬ迂闊さに 己の愚をば笑ひつつ
遅れ馳せとは知りながら 告知したれば京大の 
時計台下サロンにて 8月6日10時より
飛び入り参加大歓迎 但しいづれの版元の 
訳本なれど構わぬが 新約聖書持参せよ