第9回京都アカデメイア読書会のお知らせ

百木です。
次回京都アカデメイア読書会のお知らせです。

今回の課題テキストは加藤典洋『敗戦後論』(ちくま学芸文庫)です。ここに収められている「敗戦後論」というエッセイを読み、日本の「敗戦後」体制について皆で議論できればと思います。
近年、日米安保法制問題や沖縄米軍基地問題、改憲論議など、日本の(敗)戦後体制のあり方が改めて議論の俎上にのぼっています。これらはいずれも深刻かつ喫緊の課題ですが、そういうときだからこそ、改めて日本の「敗戦後」についてじっくり議論する機会を設けたいと考えました。

白井聡『永続敗戦論』矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』、加藤典洋『アメリカの影』『戦後入門』などの著作ともあわせて議論できればと思っています。
最低限、「敗戦後論」のテキストだけ読んできてもらえれば、どなたでも参加可能ですので、ご都合とご関心の合う方はお気軽にご参加ください。

<第9回京都アカデメイア読書会>
日時:8月21日(日)14時〜17時
場所:GACCOH (京阪出町柳駅から徒歩5分)
課題テキスト:加藤典洋『敗戦後論』(ちくま学芸文庫)「敗戦後論」(9~103頁) 

※別版のものでもOKです。
※参加費は無料ですが、場所代を数百円程度カンパしていただきます。
※当日参加も歓迎ですが、事前に参加人数を把握するため、参加希望の方はkyotoacademeia@gmail.comまたは百木までご連絡いただければ幸いです。

敗戦後論

1 thought on “第9回京都アカデメイア読書会のお知らせ

  1. ピンバック: 夏休みに読みたい おすすめの本18選 | 京都アカデメイア blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です