批評鍋 第9回 『キャバ嬢の社会学』 

大窪です。
4月26日(土)午後8時から批評鍋の放送が決定しました!
今回取り上げるのは、北条かやさんの 『キャバ嬢の社会学』です。

f:id:kyotoacademeia:20140409084227p:image:w200

著者の北条かやさんは、京都大学大学院 文学研究科出身で、本書は修士論文を書籍化した作品です。それまでキャバクラにはまったく縁がなかった著者が、自らキャバクラ嬢に扮し参与観察によって、キャバクラ嬢と彼女たちをとりまく世界の実態を独自の視点から明らかにするフィールド・ワークの記録です。

放送時間:2014年4月26日(土)午後8時~
ustアドレス 
http://www.ustream.tv/channel/kyoaca

今回は著者の北条さんがスカイプで特別出演します!

北条かや氏プロフィール: 著述家。1986年、石川県金沢市生まれ。「BLOGOS」はじめ複数のメディアに、社会系・経済系の記事を寄稿する。19歳の時、大澤真幸『身体の比較社会学〈1〉・〈2〉』を読み衝撃を受け、以後社会学に没頭。同志社大学社会学部を出たのち、京都大学大学院文学研究科修士課程修了。キャバ嬢のことを「女を売りにする人たちであり、自分とは違う」と考えていたが、「差別してるだけなんじゃない?」という先輩の一言に心打たれ、一念発起。自らキャバクラで働き、調査を行った。同時期に始めたブログ「コスプレで女やってますけど」は、月間10万PVの人気を誇る。(http://ji-sedai.jp/ より)
f:id:kyotoacademeia:20140409085725p:image:w140

いつもどおりustreamでコメントも受付けます。
ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です