Kindle Unlimitedスタート! で、学術書は?

大窪善人

kindle

定額で電子書籍が読み放題になるサービス、Amazonの「Kindle Unlimited」が日本でもスタートしましたね。私も早速お試し登録しました。

電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」が月額980円で日本でもスタート/ascii.jp

やはり新刊本や学術書のラインナップはまだ少ないようですが、今後どんどん増えていくでしょう。

思想・哲学系では光文社古典新訳文庫が充実しています。

[amazon_asin
num=B00H6XBAQ2]

[amazon_asin
num=B00H6XBJJ0]

[amazon_asin
num=B00H6XBGKM]

[amazon_asin
num=B009KZ46GA]

[amazon_asin
num=B00H6XBKBM]

[amazon_asin
num=B00VWP0RY6]

 
みんな大好き「atプラス」も無料で読めます!

[amazon_asin
num=B01G59QZS0]
 
学術書は、油断しているとすぐに品切れになるものも多いので、電子書籍化は嬉しいです。

たとえばこちらの本も。

[amazon_asin
num=B00878FM6O]

 
ほんとうは学術書こそ、どんどん無料で提供していくべきだと私は思うのですが。

もちろん書き手・作り手の活動資金は必要ですが、こうしたサービスが登場した以上は、送り手と受け手双方にとってよりよい、新しいレギュレーションを考えていく必要があるでしょう。

おすすめの記事など

電子書籍はアカデミック用途に使えるのか? Kindle Paperwhiteを3ヶ月間使ってみた結果
 

1 thought on “Kindle Unlimitedスタート! で、学術書は?

  1. ピンバック: Kindleを使ってみて、あらためて紙の本の魅力に気付かされました | 京都アカデメイア blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です