作って遊べるカントの本を買ってみた!

大窪善人


 

あの超絶難しいことで有名な哲学書、カントの『純粋理性批判』のペーパークラフトがあるらしい! これは確かめるしかない!
というわけで、『Kant fuer die Hand』を購入しました。
 


本はちょっと大きめのサイズ。
黒の表紙にシンプルな装丁が、なんとなくドイツっぽくて素敵です。

カントの生涯や著作の解説がコンパクトに書かれています。
“Was kann ich Wissen”「私は何を知ることができるか」は『純粋理性批判』のメイン・テーマですね。

ページの後半はパーツでぎっしり。

完成するとこんな感じらしい。

ギミック満載の立体パズル。

なんとなくRPGのダンジョンみたいで面白そう。
あと、箱から飛びだしてるリングみたいなのが気になりますね。
 

そんな、読んでためになる、作って楽しいカントの本。
これからゆっくり作っていこうと思います。
 

洋書なので、欲しい人はお早めに。

 
おすすめの記事
御子柴善之『自分で考える勇気 カント哲学入門』:私たちは束縛がなければ「自由」なのか?
カント『啓蒙とは何か』:上から目線ではない、もう一つの「啓蒙」へ
 

 

作って遊べるカントの本を買ってみた!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: マンフレッド・キューン『カント伝』:じつはオシャレだったカント先生 | 京都アカデメイア blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です